<弁護士>報酬を過大徴収…業務停止4カ月の懲戒処分 愛知(毎日新聞)

 愛知県弁護士会は6日、弁護士報酬を過大に受け取ったとして、同会所属の深見章弁護士(66)を業務停止4カ月の懲戒処分にしたと発表した。処分は2日付。

 同会によると、深見弁護士は04年8月、強制わいせつ事件の被告の父親から弁護依頼を受け、弁護活動時間1時間当たり5万円の報酬で合意。その際、100時間以内で終了するとの見通しを伝えながら400時間を超え、05年6月までに計5回にわたり、計約2192万円の報酬を受け取った。【式守克史】

【関連ニュース】
詐欺容疑:国選弁護費用を水増し請求、弁護士逮捕 岡山
詐欺:弁護士を逮捕…接見回数水増し報酬詐取容疑 岡山
脱税容疑:弁護士、会計士ら逮捕 土地取引で7.7億円
日弁連:「第三者委」でガイドライン
弁護士:09年の懲戒処分76件 過去最多に

鳥取不審死の元ホステス、2件目強殺容疑で逮捕状(読売新聞)
理事長ら、3日起訴へ=10人死亡の高齢者施設火災−前橋地検(時事通信)
失意の人々和ませ14年、犬の「純平」天国へ(読売新聞)
龍馬ゆかりの地を行く 御所に砲声、蛤御門の変(産経新聞)
久保棋王の勝利で1勝1敗(産経新聞)
[PR]
by ahez67phep | 2010-03-07 01:30
←menu