11日の返還を先送り=嘉手納管制、通知取り消し−国交省(時事通信)

 11日に予定されていた沖縄県・米軍嘉手納基地航空管制業務(嘉手納ラプコン)の日本側への移管が先送りされることが4日、分かった。同日までに日米両政府間の最終的な合意が得られなかったため。国土交通省は5日にも、返還を11日にすると記載していた「航空路誌」の通知を取り消す。
 嘉手納ラプコンをめぐっては、両政府が3月末までに移管を完了することで合意済み。日本政府は月内の返還を実現するため、米側との協議を続ける。
 両政府は2004年の合同委員会で管制業務の移管計画に合意。日本側管制官の訓練の遅れで予定を1度延期した後、改めて10年3月までに移管を終えることで08年に合意した。 

【関連ニュース】
シュワブ陸上案を説明=平野官房長官と米大使が会談
普天間移設は「15年暫定」=シュワブ陸上・嘉手納統合案決定
普天間、検討委打ち切りへ=水面下調整を本格化
普天間、県内移設案撤回を=社民・照屋氏
いかなる県内移設にも反対=民主沖縄

ギフチョウ 今年初めて羽化 羽紋色鮮やか 岐阜(毎日新聞)
再起訴19回で異例の引き延ばし、時効が成立(読売新聞)
鳩山首相との違い強調?谷垣総裁、自ら確定申告(読売新聞)
<白馬モーグル大会>協賛有無にかかわらず「JAL杯」で開催へ 来月11日(毎日新聞)
PSW養成の在り方で取りまとめ―厚労省検討会(医療介護CBニュース)
[PR]
by ahez67phep | 2010-03-08 19:11
←menu