<高校生>日本は教科書好き…体験・発言は苦手です(毎日新聞)

 日本の高校生は7割以上が教科書中心の授業を「好き」と答え、日米中韓4カ国の高校生の中で最も「教科書好き」であることが、財団法人・日本青少年研究所などが実施した「高校生の勉強に関する調査」で分かった。米中韓の高校生の過半数は生徒によく発言させる授業を「好き」と答えたが、日本の高校生では約3割にとどまり、受動的に学習することを好む日本の高校生像が浮かんだ。【本橋和夫】

 調査は09年6〜11月、4カ国の計6173人を対象に実施した。「教科書の内容をきちんと教え覚えさせる授業」を「好き」と答えたのは、日本が71.4%と最多で、中国は64.9%。一方、韓国(39.6%)や米国(31.2%)では人気がない。学校外での見学・体験を重視する授業については、中国が91.4%、米国は88.6%、韓国は77.7%が「好き」と回答。日本は64.6%で最低だった。生徒によく発言させる授業を「好き」と答えたのは、中国91.6%、米国73.4%、韓国52.4%に対し日本は33.4%しかなかった。

 成績に対する父親の態度については、「関心が強い」は日本が19.5%なのに対し、他国はいずれも約6割と高い。母親も日本は「関心が強い」は38.9%で、4カ国で最も低かった。

 同研究所の千石保所長は「日本の高校生は全体にわたって勉強への意欲が極めて少ない。親も口出しせず、『まあいいか』という感じが強い。大人も子供もおとなしくなった」と分析している。

みやびな舞と宮中の桜を堪能 京都御所、春の一般公開始まる(産経新聞)
50法人超が対象=国民生活センターや住宅金融機構−事業仕分け第2弾(時事通信)
<与謝野元財務相>平沼元経産相らと10日に新党旗揚げへ(毎日新聞)
自民党崩壊の始まり?保守再生へ大胆な提案(産経新聞)
<立教大生殺害>警察庁が捜査特別報奨金制度の対象に決める(毎日新聞)
[PR]
by ahez67phep | 2010-04-13 16:50
←menu