カテゴリ:未分類( 50 )

 37学会でつくる日本看護系学会協議会(会長=太田喜久子・慶大看護医療学部長)は6月12日、高度実践看護師認定制度あり方検討会を開き、特定看護師(仮称)に関する各学会の取り組みなどについて協議した。検討会には、日本看護協会や日本専門看護師協議会、日本NP協議会など関連団体のほか、厚生労働省と文部科学省の担当者も出席し、幅広く意見を交換した。学会協議会の南裕子理事(近大姫路大学長)は、「学会の社会的な責任がある。患者さんにとって安全で、看護職として自信を持ってやっていける仕組みを積極的にやれないか」と連携を呼び掛けた。

■特定専門看護師、「修士課程では厳しい」

 日本看護系大学協議会高度実践看護制度推進委員会の田村やよい委員長(国立看護大学校長)は、現在の専門看護師(CNS)の発展型として同委員会が検討を進めている「特定専門看護師」について、CNS養成課程の26単位から43単位に拡大する方向性などを説明した。これに対して文科省高等教育局医学教育課の小山田恭子看護教育専門官は、「修士課程でやるのは、質的なものを考えると厳しいのかなと個人的には思っている」との考えを示した。


【関連記事】
「業務範囲の見直し」で講演やシンポ―看護師職能集会
坂本副会長らを再任―日看協が通常総会
混合診療、先進医療制度と異なる仕組みを
特定専門看護師、「あくまで検討を承認」―看護系大学協・中山会長
特定看護師モデル事業、実施案まとまらず―チーム医療WGが初会合

<中国電力>島根原発点検不備で厳重注意処分(毎日新聞)
おたる水族館 白いトド「レタラ」4日の命 おぼれ?死亡(毎日新聞)
75歳女性、600万円入りポーチ奪われる(産経新聞)
町議ら恐喝未遂容疑で逮捕=建設工事落札者を脅す―滋賀県警(時事通信)
官僚大バカ→知識と経験生かす…菅さん変心(読売新聞)
[PR]
by ahez67phep | 2010-06-16 19:04
 民主党の菅直人氏が新代表に選出され、次に注目が集まるのが組閣人事だ。組閣までの日程がタイトなことから、陣容が大幅に刷新される可能性は低い。それでも「サプライズ人事」が行われる可能性はあり、その目玉と見られているのが、「事業仕分け」で辣腕をふるった、蓮舫参院議員だ。

 菅直人氏は2010年6月4日、同党の国会議員による投票で新しい代表に選ばれた。国会で第94代首相に指名され、同日中にも、新内閣のメンバーが発表される。

■「官房長官説」まで飛び出る

 大幅な閣僚の入れ替えはなく、ちまたでは「居抜き内閣」などと皮肉られている。だが、調整能力のなさを指摘され続けた平野博文官房長官の「降板」は確実で、その後任としては、仙谷由人国家戦略担当相や枝野幸男行政刷新相の名前が取りざたされている。

 政治アナリストの伊藤惇夫氏は、「枝野氏説」をとっている。その上で、枝野氏がいたポストに「目玉メンバー」を入れるのではないかという見立てで、朝放送のテレビ朝日のワイドショー「スーパーモーニング」では、

  「菅さんのやり方では、目玉を置くはず。官房長官が枝野さんなら、枝野さんのあとに蓮舫さんを起用するとか…」

と予想している。一方、政治評論家の有馬晴海さんは、TBSの情報番組「ひるおび!」の中で官房長官ポストについて

  「仙谷さんではなく蓮舫さんかも」

と思い切った予想を披露。もっとも、杉尾秀哉TBSテレビ解説・専門記者室長は

  「ゼロとは言わないが、多分ない。我々の取材では、枝野さん」

と、さすがに「官房長官説」には懐疑的だった。

■消費者・少子化担当相に就任予想も

 各スポーツ紙も、表入りで組閣予想をしており、やはり蓮舫議員の入閣の可能性を指摘している。例えばサンケイスポーツでは、消費者・少子化担当相に就任すると予想。このポストは、元々は社民党の福島瑞穂党首が就任していたが、米軍普天間基地の移設問題で罷免され、その後は平野官房長官が兼務していた。

 当の蓮舫議員だが、6月4日には5回ツイッターを更新しているものの、組閣に関する言及はない。ただ、両院議員総会の直前には

  「今日は祖母が身につけ、母に譲り渡され、私がもらった翡翠のバングルを。次の世代に残したいものを守るための政治を行いたい。行ってきます!」

と、なんらかの決意を込めたようにも読める文面を綴っている。


■関連記事
次期首相有力の菅副総理 「イラ菅」へ戻る?「無心の境地」? : 2010/06/03
仕分け「第2弾」控え 蓮舫議員特派員協会で会見 : 2010/04/14
内田裕也が蓮舫に花束贈呈 「お疲れさま」の気持ち込めた : 2010/05/27
官房長官起用説に蓮舫「ここで話すことではありませんので……」 : 2010/06/03
「ヘッドハンターとしても活躍しそう」 野村克也氏と勝間和代氏 : 2010/03/12

<辻元副国交相>辞表提出「辞めるのは寂しい」と号泣(毎日新聞)
未公開株詐欺、計21億か=容疑で7人再逮捕―「高値で買い取る」・警視庁(時事通信)
民主党独自の世論調査 参院選、最悪で29議席(産経新聞)
鳩山首相が辞意を正式表明「職を引かせていただく」 小沢氏も辞任(産経新聞)
菅首相「郵政法案は今国会成立」(産経新聞)
[PR]
by ahez67phep | 2010-06-07 19:51
 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部は21日、東京第5検察審査会に「起訴相当」と議決された小沢氏を改めて容疑不十分で不起訴処分とし、同審査会に通知した。再捜査で新証拠が得られず、起訴されている元秘書らとの共謀を立証することは困難と判断した。審査会が第2段階の審査で再び起訴すべきだと判断して「起訴議決」をすると、小沢氏は裁判所が指定する弁護士によって強制的に起訴される。

 ◇「起訴相当」11人、7月末全員交代−−検察審査員

 検察審査会は一般市民から選ばれた11人で構成され、その任期は半年で、約半数が3カ月ごとに入れ替わる。4月27日に全員一致で小沢氏を起訴相当とした東京第5検察審査会は5月1日で6人が交代し、5人が残った。

 同審査会は第2段階の審査に入るが、残る5人の任期が切れる7月末までに議決すれば5人は判断を維持する可能性が高く、その場合は新任6人のうち3人の同調で小沢氏は強制起訴される。議決が8月以降なら前回の議決に加わった審査員はいなくなるため、議決の時期も注目される。

 JR福知山線脱線事故と明石歩道橋事故は審査員全員の交代後に起訴議決を出した。小沢氏の弁護側は「新たな審査員が判断すべきだ」とする上申書を審査会に提出することを検討している。【三木幸治】

【関連ニュース】
小沢幹事長:潔白を強調…再び不起訴
小沢幹事長:再び不起訴、2回目の検察審へ…陸山会事件
陸山会事件:小沢氏21日不起訴
小沢氏:発言、決断「どうなのか」 政権運営に疑問
小沢氏:「青木氏は既成の政治家」

<築地市場移転>都が土壌汚染見逃し損害 住民グループ提訴(毎日新聞)
普天間移設「辺野古」を日米首脳間で確認へ(読売新聞)
「あと2、3カ月いてもいい」長期滞在の野口さん、宇宙で会見(産経新聞)
<国交省>発注先の公益法人を提訴へ ずさん道路調査で損害(毎日新聞)
衝突の瞬間「ガツッ」 叫ぶ乗組員 SS元船長初公判ライブ(産経新聞)
[PR]
by ahez67phep | 2010-05-28 20:07
 18日午前7時5分ごろ、JR水道橋駅(東京都千代田区三崎町)で、中央線下り各駅停車のホームから男性が転落し、進入してきた列車にひかれた。

 この事故の影響で、中央・総武線各駅停車は三鷹−千葉駅間の上下線で一時運転を見合わせたが、同36分に運転を再開した。

【関連記事】
踏切に女性、朝の南海高野線11万人影響
京葉線で人身事故、2万9千人に影響
近鉄で駅員寝過ごし 大阪の恵我ノ荘駅
北陸新幹線延伸「在来線共存の課題、解決が前提」 前原国交相
四季専用劇場14年で幕切れ 福岡のファン別れ惜しむ
中国が優等生路線に?

<千葉不正経理>6年で4.5億円 不適正3700万円(毎日新聞)
主力品の伸長もライセンス収入の減少で減収―旭化成・医薬事業(医療介護CBニュース)
挙党一致を強調=党役員、閣僚にも指導力求める−民主・小沢氏(時事通信)
医科の電子請求件数が8割超え―支払基金(医療介護CBニュース)
和平交渉再開を歓迎=イスラエル外相と会談−鳩山首相(時事通信)
[PR]
by ahez67phep | 2010-05-20 10:52
 若い男性に人気の渋谷系ファッション雑誌「men'segg(メンズエッグ)」2010年5月号に「非常にモラルに反する企画」があったとし、公式ホームページに編集長名で謝罪文が掲載された。全裸の男性が4匹の犬に全身を舐められる、そんな写真が問題となったのだ。ただし、読者からの苦情はほとんどなかったという。

 「メンズエッグ」は、女性に大人気のストリートファッション誌「egg」の男性版として1999年に創刊された。10代後半から20代前半の男性をターゲットに人気を集め、「ギャル男」などの造語もここから生まれた。読者モデルブームも牽引し、植竹拓、佐藤歩、梅田直樹などを輩出。ファッションだけでなく、恋愛やSEXに関する特集も掲載されている。

■全裸の体にドッグフードとバターを塗る

 問題の記事は「井上キャバ男のオナニー道S.P.」。「メンズエッグ」の増刊号「men'seggWEST」の発売を記念して、増刊号の編集長に就任したキャバ男さんが全裸で登場。体にドッグフードとバターを塗り4匹の犬に舐めさせるという企画だった。写真は、キャバ男さんの股間に犬たちが顔を近づけるシーンが大写しになっており、「局部」をなめているようにも見える。

 キャバ男さんは編集者やライターが本業。

  「ハァハァ、いっ逝くぅ〜 生まれてきてごめんなさい…激しすぎる舌の動きに理性を保てずクラッシャー(照)!」

とよがっている。犬の感想として書かれてた吹き出しには、

  「ワォーン!この突起物、イカの臭いがするワン☆微妙に糸を引いてて、お腹壊しそうだワン…」

と書かれている。

■「多くの方々に不愉快な思いをさせてしまった」

 「メンズエッグ」は10年5月7日、保田和寛編集長名で公式ホームページに、非常にモラルに反する企画があったとし、

  「多くの方々に不愉快な思いをさせてしまったことを、ここに謝罪いたします。今後は、雑誌制作における社会的責任やモラルを熟考し、真摯に誌面作りに取り組むように編集部一同邁進いたします。本当に申し訳ありませんでした」

との謝罪文を掲載した。

 この雑誌はこうした「ふざけた」企画も多く、これが人気を集めてもいた。記事に関するネットの評価を見てみると、「いつからホモ雑誌になったんだ?」「犬を性玩具扱いしている」などの批判はあるが、「ファッション誌としては革新的」「コンビニに急げ!」などの評価もありバッシングには発展していない。

 「メンズエッグ」の保田編集長に聞いたところ、発売日から2、3週間は特に「お叱り」のようなものはなかったのだそうだ。しかし、この記事がネットで話題になり、通常の読者ではない人達の目に触れるようになってから苦情が来るようになってしまったという。保田編集長は、

  「今後はより広く気配りをしながら雑誌を編集するようにしたい、と反省しています」

と話している。


■関連記事
「ねつ造映像」流した米ABC 謝罪要求に応じず「だんまり」 : 2010/04/02
しょこたんの「ツイッター」いらず? ブログで10秒に1回「つぶやいた」 : 2010/05/07
ネットにあふれる「夫に言えない秘密」 浮気・ソープ勤務歴・「ボーイズラブ」好き : 2010/05/07
バケモノから「町一番の美女」へ その裏に潜む情念  : 2010/05/10
就活に「コミュニケーション力」は本当に必要なのか : 2010/05/07

元巨人・中畑清氏、たちあがれ日本から出馬へ(読売新聞)
<NPT会議>藤沢市長「具体的行動を」 父が原爆惨状目撃(毎日新聞)
<ニュース1週間>普天間移設、首相「県外」断念表明/石川遼、ツアー新の58で逆転V(毎日新聞)
米大統領どこまで理解?まだ判断つかず…首相(読売新聞)
介護が政治に望むこと(6)「介護福祉士からキャリアアップできる専門資格を創出し、人材確保を」―介護福祉士会・石橋真二会長(医療介護CBニュース)
[PR]
by ahez67phep | 2010-05-13 00:51
 内閣府と総務省消防庁は23日、全国の都道府県と市区町村を対象にした「地震発災時を想定した業務継続体制に係る状況調査」の結果を公表した。地震を想定した業務継続体制が整っていると答えたのは都道府県で約21%、市区町村は約5%にとどまった。地方自治体の地震への準備不足が露呈したといえそうだ。

 調査は昨年11月〜今年1月、大地震発生時に地方自治体が必要な業務を行う準備ができているかを把握するために実施した。

 全職員を対象にした地震発生時の参集計画がある▽地震発生時に継続する必要のある業務を決めている▽庁舎が被災した場合の代替施設の扱いなどを決めている−−の3条件を満たす場合を「体制が整っている」と定義して質問。整っていると回答したのは都道府県で10団体、市区町村(全1795団体)で99団体にとどまった。大分、長崎両県は、震度6弱以上の地震が起こり、庁舎が停電するなどした場合、業務を円滑にできないと回答した。

 また、災害時の対応を定めた「業務継続計画」も調査。策定済みは埼玉、東京、愛知、大阪、徳島の5都府県、市区町村では宮城県気仙沼市だけだった。

 内閣府と総務省消防庁は今回の調査結果を受け、地方自治体向けの業務継続の手引を策定。全自治体に配布し、防災担当者を集めた説明会なども開き、大地震が発生した時でも、業務が継続できる体制づくりを進める方針という。【飯田和樹】

【関連ニュース】
チリ大地震:三陸沿岸などの津波被害 激甚災害に指定
チリ大地震:津波に6割避難せず…内閣府など調査
中央防災会議:3地震同時発生を想定 防災の日に訓練
チリ大地震:支援空振りで1800万円損失
余録:中国・青海省地震

地域政党 「橋下新党」が発足…大阪府議ら30人参加(毎日新聞)
応募者増加率、過去最高=民間採用抑制が影響−国家公務員I種(時事通信)
転落 2階の手すり崩落、生徒2人けが…茨城の高校(毎日新聞)
市長室のガラス扉紙で覆う…阿久根市長指示(読売新聞)
雑記帳 「チーム青森」の近江谷選手が市営バスの車内放送(毎日新聞)
[PR]
by ahez67phep | 2010-04-27 00:26
 大塚耕平内閣府副大臣(金融など担当)は18日、テレビ朝日の番組で、仙谷由人国家戦略担当相が消費税率引き上げを争点に任期途中での衆院解散も選択肢になり得るとの見方を示したことに関し、「総選挙の時期について触れることは、少し控えた方がいい。(衆院解散は)首相の専管事項だし、もう少し慎重に発言した方がいい」と苦言を呈した。
 消費税率引き上げについては、今夏の参院選のマニフェスト(政権公約)には「書くべきではない」と強調。現時点で議論はしても4年間の衆院任期中は上げず、次期衆院選で有権者に問うべきだとの考えを改めて示した。ただ、政府が6月に策定する中期財政フレームでは「(消費税の考え方について)触れるべきだ」と語った。 

<水俣病>未認定患者救済閣議決定 環境相は全員救済に自信(毎日新聞)
無免許で高速道路逃走、最後は駆け足(読売新聞)
5年前に泊まった者です…ペンションに乳児と手紙(読売新聞)
<自民党>参院選比例代表候補 中野正志氏を公認(毎日新聞)
専用サポートカウンター設置=足止め客向け−成田空港会社(時事通信)
[PR]
by ahez67phep | 2010-04-22 17:06
 兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷(さと)公園は18日、園内の人工巣塔で、大陸から飛来したとみられる野生のコウノトリの雌(推定4歳)と07年に放鳥した雄(4歳)のひな1羽を確認したと発表した。野生と放鳥のペアからひながかえるのは初めて。同公園は「飼育し放鳥されたコウノトリ以外の新しい血統が入ることになり、遺伝的な多様性の点で意義深い」としている。

 雌は06年に豊岡市に飛来し、愛媛県西予市との間を何度も往復していることから、「エヒメ」の愛称で呼ばれている。2羽は昨年ペアになって園内で産卵したが、ふ化には至らなかった。今年は3月15日以降に5個の卵が確認され、うち1個がかえった。

 放鳥したコウノトリや放鳥後に生まれた2世は野外に計35羽いる。しかし血統で分類すると六つにくくられ、近親交配の確率が高い。エヒメはロシアや中国から渡って来たとみられ、これらの血統に属さない点で貴重という。

 巣の中の1個はカラスが持ち去っており、同公園は残る3個の観察を続けている。【藤田宰司】

【関連ニュース】
コウノトリ:卵がふ化 2羽が誕生 兵庫・豊岡
訃報:池田啓さん 60歳=兵庫県立大教授、元県立コウノトリの郷公園研究部長
コウノトリ:豊岡の雌、岩手に飛来 /兵庫
コウノトリ:兵庫・豊岡で放鳥、大崎に飛来 両市「取り持つ縁、交流密に」 /宮城
コウノトリ:治療終え解放 /兵庫

2年で橋さびだらけ!実は「さびがさび止め」(読売新聞)
春の高山祭 小雪の舞う中で開幕 屋台12台が登場(毎日新聞)
<老後資金>日本人の4割が準備せず 1万人ネット調査(毎日新聞)
1Q84 「BOOK3」16日に発売 フィーバー再燃か(毎日新聞)
分権推進へ連携=舛添、東国原氏が会談(時事通信)
[PR]
by ahez67phep | 2010-04-20 08:27
 日本の高校生は7割以上が教科書中心の授業を「好き」と答え、日米中韓4カ国の高校生の中で最も「教科書好き」であることが、財団法人・日本青少年研究所などが実施した「高校生の勉強に関する調査」で分かった。米中韓の高校生の過半数は生徒によく発言させる授業を「好き」と答えたが、日本の高校生では約3割にとどまり、受動的に学習することを好む日本の高校生像が浮かんだ。【本橋和夫】

 調査は09年6〜11月、4カ国の計6173人を対象に実施した。「教科書の内容をきちんと教え覚えさせる授業」を「好き」と答えたのは、日本が71.4%と最多で、中国は64.9%。一方、韓国(39.6%)や米国(31.2%)では人気がない。学校外での見学・体験を重視する授業については、中国が91.4%、米国は88.6%、韓国は77.7%が「好き」と回答。日本は64.6%で最低だった。生徒によく発言させる授業を「好き」と答えたのは、中国91.6%、米国73.4%、韓国52.4%に対し日本は33.4%しかなかった。

 成績に対する父親の態度については、「関心が強い」は日本が19.5%なのに対し、他国はいずれも約6割と高い。母親も日本は「関心が強い」は38.9%で、4カ国で最も低かった。

 同研究所の千石保所長は「日本の高校生は全体にわたって勉強への意欲が極めて少ない。親も口出しせず、『まあいいか』という感じが強い。大人も子供もおとなしくなった」と分析している。

みやびな舞と宮中の桜を堪能 京都御所、春の一般公開始まる(産経新聞)
50法人超が対象=国民生活センターや住宅金融機構−事業仕分け第2弾(時事通信)
<与謝野元財務相>平沼元経産相らと10日に新党旗揚げへ(毎日新聞)
自民党崩壊の始まり?保守再生へ大胆な提案(産経新聞)
<立教大生殺害>警察庁が捜査特別報奨金制度の対象に決める(毎日新聞)
[PR]
by ahez67phep | 2010-04-13 16:50
 2日午後1時35分ごろ、東京都文京区本駒込の日本医師会で、50代の男性職員が送られてきた花束のラッピングを開封したところ、突然出火、床などが焼けた。けが人はなかった。警視庁駒込署が詳しい経緯を調べている。

 日本医師会をめぐっては、1日に会長選が行われ、親民主党の茨城県医師会長の原中勝征氏(69)が初当選を果たした。

【関連記事】
名古屋のイベント関連会社で火災 火薬に着火か、2人重傷
露ナイトクラブ火災の死者121人に
「座敷わらしの宿」全焼 「全員無事だったのはわらしのおかげかも」
ホテル火災、230人避難 新潟、3人を病院に搬送
札幌老人施設火災 火のまわり早く、崩れおちる室内

「僕が仲裁に」橋下知事、虐待通報呼びかけ(読売新聞)
「無罪となったら温泉に」奥西死刑囚の近況(読売新聞)
札幌D婚活シートで出会い、新婚さん始球式(読売新聞)
<児童ポルノ>規制強化求め緊急アピール 弁護士ら10人(毎日新聞)
[北朝鮮]特区に外貨上納指示 平壌の住宅建設資金足りず
[PR]
by ahez67phep | 2010-04-08 17:20
←menu