<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部は21日、東京第5検察審査会に「起訴相当」と議決された小沢氏を改めて容疑不十分で不起訴処分とし、同審査会に通知した。再捜査で新証拠が得られず、起訴されている元秘書らとの共謀を立証することは困難と判断した。審査会が第2段階の審査で再び起訴すべきだと判断して「起訴議決」をすると、小沢氏は裁判所が指定する弁護士によって強制的に起訴される。

 ◇「起訴相当」11人、7月末全員交代−−検察審査員

 検察審査会は一般市民から選ばれた11人で構成され、その任期は半年で、約半数が3カ月ごとに入れ替わる。4月27日に全員一致で小沢氏を起訴相当とした東京第5検察審査会は5月1日で6人が交代し、5人が残った。

 同審査会は第2段階の審査に入るが、残る5人の任期が切れる7月末までに議決すれば5人は判断を維持する可能性が高く、その場合は新任6人のうち3人の同調で小沢氏は強制起訴される。議決が8月以降なら前回の議決に加わった審査員はいなくなるため、議決の時期も注目される。

 JR福知山線脱線事故と明石歩道橋事故は審査員全員の交代後に起訴議決を出した。小沢氏の弁護側は「新たな審査員が判断すべきだ」とする上申書を審査会に提出することを検討している。【三木幸治】

【関連ニュース】
小沢幹事長:潔白を強調…再び不起訴
小沢幹事長:再び不起訴、2回目の検察審へ…陸山会事件
陸山会事件:小沢氏21日不起訴
小沢氏:発言、決断「どうなのか」 政権運営に疑問
小沢氏:「青木氏は既成の政治家」

<築地市場移転>都が土壌汚染見逃し損害 住民グループ提訴(毎日新聞)
普天間移設「辺野古」を日米首脳間で確認へ(読売新聞)
「あと2、3カ月いてもいい」長期滞在の野口さん、宇宙で会見(産経新聞)
<国交省>発注先の公益法人を提訴へ ずさん道路調査で損害(毎日新聞)
衝突の瞬間「ガツッ」 叫ぶ乗組員 SS元船長初公判ライブ(産経新聞)
[PR]
by ahez67phep | 2010-05-28 20:07
 18日午前7時5分ごろ、JR水道橋駅(東京都千代田区三崎町)で、中央線下り各駅停車のホームから男性が転落し、進入してきた列車にひかれた。

 この事故の影響で、中央・総武線各駅停車は三鷹−千葉駅間の上下線で一時運転を見合わせたが、同36分に運転を再開した。

【関連記事】
踏切に女性、朝の南海高野線11万人影響
京葉線で人身事故、2万9千人に影響
近鉄で駅員寝過ごし 大阪の恵我ノ荘駅
北陸新幹線延伸「在来線共存の課題、解決が前提」 前原国交相
四季専用劇場14年で幕切れ 福岡のファン別れ惜しむ
中国が優等生路線に?

<千葉不正経理>6年で4.5億円 不適正3700万円(毎日新聞)
主力品の伸長もライセンス収入の減少で減収―旭化成・医薬事業(医療介護CBニュース)
挙党一致を強調=党役員、閣僚にも指導力求める−民主・小沢氏(時事通信)
医科の電子請求件数が8割超え―支払基金(医療介護CBニュース)
和平交渉再開を歓迎=イスラエル外相と会談−鳩山首相(時事通信)
[PR]
by ahez67phep | 2010-05-20 10:52
 若い男性に人気の渋谷系ファッション雑誌「men'segg(メンズエッグ)」2010年5月号に「非常にモラルに反する企画」があったとし、公式ホームページに編集長名で謝罪文が掲載された。全裸の男性が4匹の犬に全身を舐められる、そんな写真が問題となったのだ。ただし、読者からの苦情はほとんどなかったという。

 「メンズエッグ」は、女性に大人気のストリートファッション誌「egg」の男性版として1999年に創刊された。10代後半から20代前半の男性をターゲットに人気を集め、「ギャル男」などの造語もここから生まれた。読者モデルブームも牽引し、植竹拓、佐藤歩、梅田直樹などを輩出。ファッションだけでなく、恋愛やSEXに関する特集も掲載されている。

■全裸の体にドッグフードとバターを塗る

 問題の記事は「井上キャバ男のオナニー道S.P.」。「メンズエッグ」の増刊号「men'seggWEST」の発売を記念して、増刊号の編集長に就任したキャバ男さんが全裸で登場。体にドッグフードとバターを塗り4匹の犬に舐めさせるという企画だった。写真は、キャバ男さんの股間に犬たちが顔を近づけるシーンが大写しになっており、「局部」をなめているようにも見える。

 キャバ男さんは編集者やライターが本業。

  「ハァハァ、いっ逝くぅ〜 生まれてきてごめんなさい…激しすぎる舌の動きに理性を保てずクラッシャー(照)!」

とよがっている。犬の感想として書かれてた吹き出しには、

  「ワォーン!この突起物、イカの臭いがするワン☆微妙に糸を引いてて、お腹壊しそうだワン…」

と書かれている。

■「多くの方々に不愉快な思いをさせてしまった」

 「メンズエッグ」は10年5月7日、保田和寛編集長名で公式ホームページに、非常にモラルに反する企画があったとし、

  「多くの方々に不愉快な思いをさせてしまったことを、ここに謝罪いたします。今後は、雑誌制作における社会的責任やモラルを熟考し、真摯に誌面作りに取り組むように編集部一同邁進いたします。本当に申し訳ありませんでした」

との謝罪文を掲載した。

 この雑誌はこうした「ふざけた」企画も多く、これが人気を集めてもいた。記事に関するネットの評価を見てみると、「いつからホモ雑誌になったんだ?」「犬を性玩具扱いしている」などの批判はあるが、「ファッション誌としては革新的」「コンビニに急げ!」などの評価もありバッシングには発展していない。

 「メンズエッグ」の保田編集長に聞いたところ、発売日から2、3週間は特に「お叱り」のようなものはなかったのだそうだ。しかし、この記事がネットで話題になり、通常の読者ではない人達の目に触れるようになってから苦情が来るようになってしまったという。保田編集長は、

  「今後はより広く気配りをしながら雑誌を編集するようにしたい、と反省しています」

と話している。


■関連記事
「ねつ造映像」流した米ABC 謝罪要求に応じず「だんまり」 : 2010/04/02
しょこたんの「ツイッター」いらず? ブログで10秒に1回「つぶやいた」 : 2010/05/07
ネットにあふれる「夫に言えない秘密」 浮気・ソープ勤務歴・「ボーイズラブ」好き : 2010/05/07
バケモノから「町一番の美女」へ その裏に潜む情念  : 2010/05/10
就活に「コミュニケーション力」は本当に必要なのか : 2010/05/07

元巨人・中畑清氏、たちあがれ日本から出馬へ(読売新聞)
<NPT会議>藤沢市長「具体的行動を」 父が原爆惨状目撃(毎日新聞)
<ニュース1週間>普天間移設、首相「県外」断念表明/石川遼、ツアー新の58で逆転V(毎日新聞)
米大統領どこまで理解?まだ判断つかず…首相(読売新聞)
介護が政治に望むこと(6)「介護福祉士からキャリアアップできる専門資格を創出し、人材確保を」―介護福祉士会・石橋真二会長(医療介護CBニュース)
[PR]
by ahez67phep | 2010-05-13 00:51
←menu